社名      
 
 
   代表取締役    土屋 憲二  
 
 
   所在地    〒154-0024
 東京都世田谷区三軒茶屋1-37-8
 ワコーレ三軒茶屋64ビル 7F
 TEL 03-5433-1411 FAX 03-5433-1414
 
 
 
   事業名    盗聴ディスカバリー  
 
 
   設立    平成16年9月  
 
 
   資本金    1,000万円  
 
 
   主取引銀行    三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
 三井住友銀行
 
 
 
   主たる業務    1、情報漏洩調査と保全管理
 2、情報漏洩を調査するための技術コンサルティング
 3、情報漏洩を調査する通信機器の販売
 4、上記業務を行う代理店や加盟店の募集と教育
 5、上記業務に伴う教室の運営と生徒募集
 
   
 
     
   
     
 
1994年10月 盗聴が、ブームとなり様々な社会問題を引き起こしている事に着目し盗聴器の調査・発見撤去の『専門業』としてスタート。

1994年   プライバシーの保護を問題にTBSで、盗聴調査に関する取材を受け、その存在が公に明らかになる。以後、フジテレビ、テレビ東京など他局でも取材が相次ぐ。

1998年 4月   「自分の身は自分で守ろう」をテ-マにした日本で初めての「プライベートセキュリティシステム」を完成させる。

1998年 5月   『盗聴最前線』というタイトルでNHKの特番で紹介される。

2001年   トータルセキュリティ事業に本格参入

2004年 9月   盗聴調査のフランチャイズ代理店
『株式会社ライブアップクリエーション』を設立

2008年 4月   『盗聴ディスカバリー』を特許庁に商標登録申請する

2009年 2月   『盗聴ディスカバリー』をブランド化し(商標登録NO 5204113)

● 『盗聴・盗撮マル禁マニュアル』 
  「日本文芸社」の熱望により出版された実書。
  平成12年8月出版
   
 通信傍受法(盗聴法)
  裁判所の許可を得る事で警察が合法的に盗聴での操作が認められる法律。
  平成12年8月15日スタート

 ストーカー規制法
  ストーカーに関する相談や取締りを警察が直接介入し、勧告後の違反者は
  その場で逮捕できるようにした法律。民事介入できる特別法である。
  公安委員会がストーカー禁止令を発し違反者には逮捕や罰金が課せられる。

  このような状況から一般生活者の意識も飛躍的に向上し、誰もが危機感を持ち始め
  調査依頼や相談が急増している。